『浮気した旦那や浮気相手に慰謝料を請求したい!』

『慰謝料をとって離婚したい!』

『離婚はしたくないけど慰謝料は請求したい!』

このように、浮気・不倫をされた場合、悲しみや憎しみが込み上げ許せない気持ちになりますよね。

しかし、ほとんどの方は浮気・不倫をされた場合、どのように慰謝料を請求したらいいのか分からないのではないでしょうか?

そんなあなたのために、慰謝料を請求できる条件や慰謝料を請求するまでの手順を説明していきたいと思います(゜_゜>)

慰謝料請求ができる場合

まず、慰謝料の請求には条件があります。

浮気・不倫をされたからと言って、だれでも慰謝料を請求できるわけではないんです。

以下は、民法709条の条文です。

第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

つまり、浮気・不倫相手に「故意または過失」があり、あなたが「権利の侵害」を受けた場合、他方の配偶者に対して慰謝料を支払う義務が生じます。

では、どのような場合にこの権利の侵害が認められるのでしょうか?

配偶者と浮気相手の関係が原因で夫婦関係が破たんした場合

例えば、婚姻期間中に不貞行為があった場合は権利の侵害が認められます。

この不貞行為とは、“浮気のボーダーライン”でも詳しく説明しましたが、配偶者以外との肉体関係を持つことです。

つまり、浮気・不倫相手の不貞行為(肉体関係)により、“それ以前は円満だった夫婦関係が悪化し,離婚した場合”は権利の侵害が認められます。

しかし、“夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた場合”はパートナーと浮気相手の間で肉体関係がなくても権利の侵害は認められることがあります。

まとめると、パートナーと浮気相手の関係が原因で夫婦関係が破たんした場合に権利の侵害が認められるということですね。

また、この不貞行為を証明できる証拠も必要になります。

不貞行為を証明できる証拠

以下に、証拠となる例を列挙していきます。

  • 性交渉の写真や動画、それに準ずるもの
  • ラブホテルへの出入り写真
  • ラブホテルでの相当時間の滞在
  • 不倫相手宅への出入りの写真
  • 夫の不貞行為の発言の録音
  • 不貞相手の発言の録音
  • 宿泊を示す領収書
  • メールやLINE、SNSなどの通信履歴

しかし、これらの証拠はひとつだけで不貞行為が証明できるとは限りません。

こちらの、裁判で使える浮気の証拠に詳しく説明しているので参考にしてください♪

慰謝料の相場

慰謝料の請求が可能な場合、相場は一体いくらなのでしょうか?

これは、はっきりと決まっているわけではなく、ケースごとに異なります。

例えば、離婚するのかしないのかや子供の有無などによっておおきく違います。

かなり幅がありますが、一般的におよそ200万円が中心となっています。

こちらの、浮気をされた場合の慰謝料の相場に詳しく説明しているので参考にしてください。

慰謝料請求できない場合

では、どういいった場合、慰謝料請求できないのでしょうか?

大きく分けて、4パターンが考えられます。

・結婚していない
・すでに精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている
・すでに夫婦関係が破たんしていた(別居している場合など)
・時効が経過している
 
時効については、浮気・不倫(不貞行為の事実)を知ってから長期間経っている場合には時効が完成している場合があります。

こちらの、慰謝料の時効とは?に詳しく説明しているのでぜひ参考にしてください♪

また、浮気相手にも慰謝料を請求したいという場合、“既婚者であることを知りながら肉体関係を持った”という証拠が必要です。

例えば、出会い系サイトなどで知り合ったなど、既婚者であることに気付く余地のないまま肉体関係を持った場合は慰謝料の請求はむずかしいです。

ここまで、慰謝料を請求できる場合とできない場合について説明してきました。

では、実際に慰謝料を請求する手順について紹介していきます(゜_゜>)

慰謝料請求の手順

慰謝料請求の手順について、以下の4つに分けて説明していきます。

・基本的な流れ
・配偶者に請求する場合
・浮気相手に請求する場合
・両方に請求する場合

それでは、詳しく見ていきましょう。

慰謝料獲得の基本的な流れ

基本的な流れは、配偶者に請求する場合も浮気相手に請求する場合も一緒です。

証拠の確保

まず、不倫の証拠が手元にあることが重要です。

もし、証拠がない場合は話を有利に進められませんし、最悪の場合慰謝料の請求は不可能になってしまします。

また、一つだけの証拠で戦うのは少し危険です。

そのため、慰謝料を請求する前に可能な限り証拠を確保しておきましょう。

事前に探偵などに依頼して、確実な証拠を集めるのも手かもしれません。

こちらに、優良な“おすすめの探偵事務所”を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

慰謝料請求

証拠を集めた段階で、配偶者や不倫相手に、慰謝料を請求するという意志を伝えます。

慰謝料請求する意思表示としては以下3つの方法があります。

  • 直接会って話し合う
  • 直接に会わず、内容証明郵便で慰謝料請求書を送付する
  • 弁護士に交渉を委任する

どの方法を選ぶかは、相手が応じる見込みなどを踏まえ、慰謝料を請求する側が判断します。

交渉

多くの場合は裁判を起こさず、示談で解決する方向で交渉を進めていきます。

その際、慰謝料の金額や支払い方法について決定します。

もし、離婚する場合や子供がいる場合は、財産分与や親権などについてもこの時点で話し合います。

この示談の交渉が成立し、任意に支払ってもらえれば慰謝料を回収して終了です。

慰謝料を回収する際、示談書または公正証書を作成しておきましょう。

この示談で解決できればいいですが、相手が交渉に応じない場合があります。

その場合、裁判手続きを取ることになります。

裁判

残念ながら、交渉不成立の場合は裁判をおこし、慰謝料を請求するという方法をとります。

その場合裁判所にたいしては、あなたの法的な権利が侵害されたことを記載した訴状を提出する手続きが必要になります。

その後、お互いの主張や意見をぶつけあい、議論が煮詰まったところで裁判官により判決が下されます。

慰謝料の支払い

判決が出た後、裁判で決定した慰謝料を相手に支払ってもらいます。

以上が基本的な流れになります。

結構な準備と、期間がかかりますね・・・(>_<)

続いて、請求する相手別に注意点を説明していきます。

配偶者に請求する場合

配偶者に慰謝料を請求する場合、基本的な流れは上で説明したとおりです。

ただ、離婚するのかしないのかで違いがでてきます。

離婚する場合は、財産分与等の話も並行しながら慰謝料の請求についても話し合う必要があります。

また、離婚の話し合いがまとまらない場合には、離婚調停を利用することになります。

もし離婚しない場合は、請求できる慰謝料の額は低いことが多いです。

しかし、夫婦間でのペナルティとなり、今後の結婚生活へのいましめとしての効果あるでしょう。

浮気相手に請求

浮気相手に請求する場合には、まず、以下に該当している必要があります。

  • 既婚者であると認識していながら肉体関係を持った
  • 浮気相手は,既婚者と浮気・不倫をしていると気が付くことができる状況であるにも関わらず,把握していなかった
  • 既婚者だと認識していたが、夫婦関係がすでに破綻していたと勘違いし、注意を払えば破綻していないことに気が付く状況であったにも関わらず肉体関係を持った

そして、上記に該当している証拠が必要なので、その証拠が手元に用意したうえで慰謝料の請求をしましょう。

配偶者と浮気相手の両方に請求

この場合、二人に別々に慰謝料請求することはできません。

配偶者と不倫相手の支払うべき慰謝料の金額は「2人合わせていくら」という計算方法になります。

なので、慰謝料が二倍もらえることにはならないことは把握しておきましょう。

まとめ

・配偶者と浮気相手の関係が原因で夫婦関係が破たんした場合、慰謝料の請求ができる。
・結婚していない場合やすでに十分な慰謝料を受け取っている場合、すでに夫婦関係が破たんしていた場合慰謝料の請求はできない。
・時効が経過している場合がある。
・慰謝料獲得の基本的な流れは、証拠の確保→慰謝料請求→交渉→不成立の場合裁判→慰謝料の支払い

今回は、慰謝料を請求できる条件とその流れについて説明しました!

あなたの参考になれば幸いです(*^_^*)