夫が浮気している!?

そう疑いをもったとき、だれもがその証拠をつかみたくなると思います。

でも、一体なにが証拠になるのか。また、どんな内容が有効なのか気になりますよね。

もしあなたが頑張って得た証拠でも、もしかしたら無駄な努力になってしまうことがあります。

むしろ、あなたの方が罪に問われる場合さえあるんです!

そんなことにならないためにも、今回は裁判で使える浮気の証拠と使えない証拠について詳しく解説していきたいと思います(゜_゜>)

さらに、後半では証拠のつかみかたについても紹介していきます。

裁判で使える証拠

まず、裁判で不倫を認めさせるには『不貞行為』を行っていたことを証明する必要があります。

こちらの、浮気のボーダーラインについての記事でも説明しましたが、法的には配偶者に不貞な行為があった場合にのみ不倫が認められます。

また、不貞行為とは『肉体関係を持つこと』ということも説明しました。

なので、夫がほかの異性と肉体関係をもったとされる証拠が、裁判で使える証拠ということになります。

不貞行為をしていた証拠

では、具体的にどういった内容のものが不貞行為をしていた証拠になるのかいかに列挙していきます。

性交渉の写真や動画、それに準ずるもの

こういった証拠はなかなか掴みにくいとは思いますが、不倫相手との性行為を写真や動画に収める男性もなかにはいます。

その写真や動画に映っているのが配偶者だと特定できれば、それのみで決定的な証拠になり、不貞行為を立証することができます。

ラブホテルへの出入り写真

通常、ラブホテルは性的な行為を目的として男女が利用する場ですよね。

そこへの出入りは、不貞行為があったと推測できるので、有力な証拠になります。

しかし、離婚や慰謝料を請求する場合において、一回程度の証拠ではすこし弱いです。

できれば、3回以上の証拠写真を用意しておきたいところです。

ラブホテルでの相当時間の滞在

もし、性行為を行った場合は最低でも30分以上はかかりますよね。

なので、ラブホテルでの滞在が短時間ですと、そこで不貞行為があったと立証することが難しくなります。

よって、最低40分以上ラブホテルに滞在していた証拠が必要になります。

不倫相手宅への出入りの写真

不倫相手がひとり暮らしで、ラブホテルなどは使わないといったケースも多くあります。

この不倫相手宅への出入りも有力な不貞行為の証拠のうちのひとつです。

しかし、こちらも一度ではなく、常習的に出入りしている証拠が必要になります。

夫の不貞行為の発言の録音

例えば、夫の浮気を問い詰めたり、話し合いの場を設けることがあると思います。

その際、夫が不貞行為を認める発言の録音があれば、証拠になります。

実際に、録音が裁判で再生されることはありませんが、書面として提出する必要があることは覚えておいてくださいね(^^)

不貞相手の発言の録音

夫だけでなく、不倫相手が不貞行為を認める録音等の証拠があれば、その証拠の効力は高くなります。

また、この録音として証拠をつかむ場合、5つのポイントがあります。

以下の内容が含まれていると、証拠能力が高くなります!

  • 不貞開始の時期
  • 不貞行為の期間や回数
  • 不倫相手の名前や住まい、職業等の情報
  • 不貞相手方とどこで知り合ったか
  • 不倫相手が夫を既婚者だと認知していたか

これらの内容の録音をもとに、謝罪文を作成させるとなお良いです(^.^)

効力は弱いが複数あつめて有効な証拠

続いて紹介するのは証拠能力としては低いです。

しかし、証拠はできる限り集めておいて損はありません!

なぜかという、相手を言い逃れさせないようにするのが重要なんです。

実際に、証拠がたくさんあるほど、一つ一つの証拠能力は低くても、相手が観念し、不倫を認めるケースが多いためです。

では、以下に列挙していきます。

宿泊を示す領収書

ラブホテルなどの領収書があれば、肉体関係があったと推測できるので証拠になります。

しかし、だれと利用したまでは特定できないため、不倫相手への慰謝料請求はできません。

メールやLINE、SNSなどの通信履歴

例えば、『またあのラブホでいい?』や『またセックスしたい』などといった、不貞行為があったことが推測できるような内容の通信履歴は証拠になります。

ですが、証拠能力としては低いです。

しかし、証拠を組み合わせたりすることで不貞行為を立証することは可能です。

なので、その他にも複数集めることで不貞行為を立証しやすくなる例を以下に挙げておきます。

  • 不貞行為が推測できる日記やメモ
  • 第三者の証言
  • クレジットカードやETCカードの明細

夫が不貞行為を自白すれば、慰謝料や離婚を獲得できる可能性は十分にあります。

ですので、出来るだけ多くの証拠を集め、夫に自らの過ちを認めてもらいましょう(゜゜>)

裁判で使えない証拠

先ほども説明したとおり、肉体関係のない浮気は不貞行為にあたりません。

以下は、不貞行為の証拠として、慰謝料や離婚を請求することが難しい例です。

しかし、不貞行為の証拠にならなくても、夫の浮気を問い詰める材料にはなります。

そのため、証拠として掴んでおいて損はないでしょう。

不倫相手との不貞行為が認めにくいメール、LINEのやり取り

例えば、『愛してる』や『会いたい』などという内容のやりとりは、浮気を疑うことができても不貞行為の証拠にはなりません。

2ショット写真

こちらも、性行為時の写真でなければ、たとえ抱きしめあったりキスをしていても肉体関係があったと証明することができないので、証拠として使えません。

シティーホテルのダブルルーム領収書

こちらも、ラブホテルでなければ、一人で泊まったと言い逃れできてしまいます。

意外と、証拠をつかむのはむずかしいのがわかりますね・・・

では、いままで挙げてきた証拠を掴むためにはどんな方法があるのでしょうか?

ここからは、浮気調査の方法について紹介します(^^)

浮気調査の仕方

浮気調査には、大きく分けて2つに分類されます。

ひとつは自力で浮気調査をする。

もう一つは探偵や興信所に依頼して浮気調査をしてもらう方法です。

以下に、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

探偵や興信所に浮気調査を依頼する場合

こちらのデメリットは、やはり費用が掛かることです。

しかし、バレることがほとんどなく、決定的な証拠を握れる点ではメリットは大きいです。

ただ、依頼費用は決して安くありません。

どのくらいの価格なのか、相場等が気になる方は、浮気調査の費用についての記事も参考にしてください(゜_゜>)

もちろん、費用がかかる分安全で確実性はあります。

なので、自分の身を守るという点でも、探偵や興信所に依頼する方法をおすすめします。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの”探偵による浮気調査”でさらに丁寧に説明していますので、参考にしてください♪

自力で浮気調査をする場合

最大のメリットは、費用が掛からないことです。

しかし、自力での浮気調査は大きなリスクが伴うことがデメリットとして挙げられます。

探偵に比べ調査機材もノウハウも乏しいため、夫にバレる可能性もありますし、集められる証拠にも限界があります。

もしかしたら、証拠の掴み方が違法だったということもありえます。

その場合、最悪あなたが訴えられてしまうこともあるので、自力で浮気調査をする場合は慎重に行いましょう!

もっと詳しく知りたい方は、こちらの“自力でする浮気調査”でさらに丁寧に説明していますので、参考にしてください♪

まとめ

今回は、裁判で使える不倫の証拠と、浮気調査の仕方について解説しました。

これで、間違った証拠の掴み方をしてしまう心配は減ったかと思います(^^)!

ぜひ、詳しい浮気調査の仕方の記事も読んでいただき、より確実に証拠をつかむノウハウをみにつけてください♪

あなたの参考になれば幸いです(*^_^*)