パートナーの浮気が発覚・・・

なにか仕返ししてやりたい・・・

と考えた時、『慰謝料を請求しよう!』と思い浮かぶ方も多いかと思います。

でもちょっとまってください、慰謝料請求には時効があることを知っていましたか?

実は、パートナーの不倫による慰謝料の請求には時効が法律で定められているんです。

今回は、浮気された時の慰謝料請求の時効について説明します(゜_゜>)

それでは、詳しく見ていきましょう。

浮気の慰謝料請求には時効がある!3年?20年?

以下は、民法724条の条文です。

不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

つまり、不倫による慰謝料の請求の時効は大きく分けて以下の2つに分類されます。

ちなみに今回の場合は不倫(不貞行為)が、不法行為に当てはまりますね。

①不倫の事実と不倫相手について知ったときから3年(消滅時効)
②不倫の事実から20年間経過したとき(除斥期間)

※消滅時効:一定期間行使されない場合、権利を消滅させる制度
※除斥期間:一定期間の経過によって権利を消滅させる制度。この期間が経過すると時効の中断等の法的手段はなくなる。

この2つのうちどちらか短い方で完成します。

なので、配偶者ではなく不倫相手に慰謝料を請求したい場合は、不倫相手の『名前と住所』をしってから3年ということになります。

つまり、顔だけ知っている場合は時効のカウントはされません。

なぜかというと、もし顔だけ知っていいたとしても現実的に慰謝料の請求はできないためです。

また、不倫によって慰謝料を請求する場合、不倫(不貞行為)の証拠が必要になります。

こちらの慰謝料請求ができる不倫の証拠のつかみ方を参考にしてみてください♪

慰謝料請求する内容により時効のカウントが異なる

実は、慰謝料の請求をする事情によって、時効のカウント開始時期がことなります。

大きく分けて下記の3つに分類されます。

しかし、不倫の事実から20年経過している場合は時効が成立しているので慰謝料の請求はできませんので注意しましょう!

不倫をされたことで受けた精神的な苦痛に対する慰謝料の請求

この場合、不倫の事実をしってから3年で時効は完成します。

不倫が原因で夫婦関係が破たんしたことによる精神的苦痛に対する慰謝料

この場合、不倫が原因で婚姻関係が破たんしたときから3年で時効は完成します。

不倫が原因で離婚したことによる精神的苦痛に対する慰謝料

この場合、離婚したときから3年で時効は完成します。

どの内容で慰謝料を請求するにしても、3年は意外とあっという間に過ぎてしまいます。

もし、時効が完成してしまった場合は裁判で慰謝料の支払いを認められることはむずかしいでしょう。

なので、『慰謝料の請求はもう少し落ち着いたら・・・』とおもっていた方は要注意です。

ただ、パートナーの不倫が発覚しただけでもパニック状態ですよね。

しかし、後で後悔しても遅いです((+_+))

慰謝料を請求する意思がある場合は、不倫の事実が発覚したらすぐに行動しましょう!

時効をとめる方法ってないの?

実は、時効をとめる方法が2つ存在します。

気づいたときには時効直前だった!という場合はすぐに下記の方法を実行しましょう!

裁判を起こす

以下のような裁判上の請求をすると、その時点で消滅時効期間はリセットされます。

  • 支払督促の申立
  • 訴訟の提起
  • 民事調停の申立
  • 即決和解の申立

しかし、この様な裁判上の手続きは時間がかかってしまいます。

その間に、時効が完成してしまったら元も子もないですよね。

そういった場合には、時効をいったんストップさせる方法があります。

催告する

時効完成を避ける緊急時は『催告』することで時効の中断が可能になります。

催告の方法は、慰謝料を請求する旨を内容証明郵便で送付します。

この、催告によって時効が6か月延長できるんです。

そして、催告から6か月以内に提訴すれば消滅時効期間はゼロになります。

ここで注意してほしいのは、催告を繰り返してもさらに延長することができるわけではないことです。

つまり、催告が使えるのは一回きりということですね!

時効が過ぎたら本当に慰謝料は請求できないの?

時効が完成している場合、裁判上での請求はむずかしくなります。

しかし、相手が慰謝料を支払う意思があるのならば請求はできます。

つまり、『相手が時効が過ぎているので支払えない』と主張してこない限りは請求可能ということです!

なかには、慰謝料の時効についての知識がない人ももちろんいるでしょう。

また、時効の完成に気づいていない場合もあります。

一度慰謝料を支払うことを承認した場合、後で時効に気づいても支払わないと主張することはできません。

なので、時効が過ぎてしまっている場合でも慰謝料を受け取れる可能性はあるので、試しに請求してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回は浮気された場合の、慰謝料の時効について説明しました!

慰謝料の請求は時効が完成すると請求自体が認められなくなる可能性があります。

また、慰謝料の金額が減額する恐れもあります。

なので、時効が完成する前にしっかりと慰謝料請求の意思を伝えましょう!

あなたの参考になれば幸いです(*^^*)