浮気調査を初めて探偵に依頼しようと考えている方のなかには、

『何を基準で選んだらいいかわからない・・』

『とにかく安く依頼したい!』

と、お悩みの方は多いと思います。

そんなあなたのために、探偵の選びかたと安く依頼するコツについて解説していきます(゜_゜>)

また、すでに見積もり依頼をしていて高いと感じている方にも、もう少し価格を抑えられるかもしれません。

ぜひ参考にしてください!

浮気調査の総額費用

まず、浮気調査の総額費用については“浮気調査の費用と相場”でも詳しく説明しましたが、10万円から100万円とピンきりです。

この料金の差にはいったい何が影響しているのでしょうか?

浮気調査の価格を決定するポイント

浮気調査の料金を決めるポイントは以下の3つです。

  • 浮気の調査を行う調査員の人数
  • 浮気調査を行う期間と時間
  • 浮気調査の難易度

もちろん、浮気調査にかかる人数や、期間が長いほど料金は上がります。

また、以下のような状況は浮気調査の難易度が高いと言えます。

  • 依頼者が証拠能力の高い証拠を持ってない
  • 調査対象者が頻繁にあたりを見渡すなど、警戒心が強い
  • 浮気調査されていることがばれている
  • 尾行者を巻こうとする
  • 不貞行為までなかなかいかない

こういった場合、なかなか証拠がつかみにくく、調査期間が長く必要になるため料金が上がりやすいです。

そして、この様な場合ほど自分で浮気調査をするのは危険です。

しかし、料金はできるだけ安く抑えたいですよね(*_*)

浮気調査費用をおさえる方法

では、ここからは浮気調査の費用を抑えるコツを紹介していきます。

浮気調査の費用をおさえる方法は大きく分けて3つあります。

ひとつは、見積もりを複数社からとること。

2つ目は、優良探偵事務所に依頼すること

3つ目は、対象者の情報を詳しく伝えることです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

見積もりを複数社からとる

この見積もりを複数者社からとることは、価格を抑えるうえで最も重要になります。

なぜかというと、同じ内容の見積もり依頼でも、探偵所によってはかなりの価格差があるためです。

例えば、A社の見積もりでは80万円だったのが、B社では40万円ということが普通にありえるのです(@_@;)

なので、浮気調査を探偵に依頼する場合は必ず複数社でお見積りをとりましょう!

また、複数社にお見積りをとる場合、条件を統一させることが重要です。

例えば、A社での調査期間は一日だけど、B社では3日間というように条件がバラバラだと比較できませんよね。

さらに、一番安いところに即決してしまわないことです。

どうしても価格を重視してしまいがちですが、価格面だけで決めてしまうのはとても危険です。

実際に、見積もりの時点では安かったのに、後々の追加料金で結局高くついてしまうケースが多いです。

なので、見積もりが安い場合には、どうしてそんなに安いのかや、追加料金はないのか必ず確認しておきましょう。

優良探偵事務所に依頼する

この、探偵事務所選びに失敗すると調査料金はとんでもないことになります。

実際に、悪徳事務所は思っているよりも存在します。

先ほども例に挙げましたが、最初は安く提示し契約させ、後から追加料金でぼったくるケースや探偵ではなくアルバイトが調査を行っている場合など。

さらには、浮気調査自体を行っていないといったケースもあるんです。

このような悪徳事務所に騙されないためにも、探偵選びは慎重に行いましょう!

こちらで、“オススメ探偵事務所”を紹介していますので、ぜひ参考にしてください♪

対象者の情報を詳しく伝える

浮気調査の料金は『情報量』も大きく影響します。

そのため、調査対象者の詳しい情報をより多く伝えることで、価格を抑えることができます。

実際に、情報量が多いほど浮気調査が短期間で済む傾向があります。

例えば、〇〇というお店に行きたいけど、その目的地が北海道なのか沖縄なのかもわかっていないという場合、たどり着くのに相当な時間が必要ですよね。

逆に、銀座の三越で〇〇というブランドのワンピースがほしいと、目的や場所がはっきりしている場合、そこまでの交通手段や最短ルートは明確ですね。

なので、こんなことまで?と思うような些細な情報でも、すべて情報として提供しましょう。

また、依頼主の調査目的がはっきりしていることも重要です。

詳しく説明していきます。

調査目的をはっきりさせる

主に以下の3パターンに分類されると思います。

①浮気をしているかどうかの事実確認が目的の場合
②慰謝料を請求が目的の場合
③離婚を阻止したいのが目的の場合

このように、依頼主の目的によって『どんな証拠がどの程度必要なのか』が変わってきます。

例えば、法律的に認められる証拠を撮るのが必要なのか、もしくは抱き合っているような写真ひとつでいいのかで料金は大きく違います。

もし、事実確認だけが目的なのに、慰謝料を請求できるレベルの決定的な証拠を撮るように依頼した場合、無駄な料金がかかってしまします。

なので、調査目的をはっきりさせておくことは重要なポイントになります。

調査対象者および浮気相手の細かい情報提供

先ほど、情報量が調査料金に影響すると説明しましたが、実際に例を紹介します。

  • 顔写真
  • 身長
  • 体型
  • 外見の特徴(服装や髪型など)
  • 勤務先とその住所
  • 車とそのナンバー
  • よく使う交通機関や路線名
  • 生活パターン(曜日ごとの出社時間や帰宅時間など)
  • いきつけのお店(飲食店や商業施設、パチンコ店など)

これらの情報から、調査対象者の移動手段浮気場所、さらに浮気する日の推測がしやすくなります。

つまり、成功率はあがります。

自分でも証拠を掴んでおく

たとえ、証拠能力の低いものであっても、証拠の有無で調査費用は変わります。

なので、可能な範囲で証拠をあつめておきましょう。

ただし、危険度が高い調査はばれる危険性がたかいので、プロに任せた方が身のためです((+_+))

続いて、探偵事務所の選びかたについて解説していきます!

探偵事務所を選ぶときのポイント

探偵事務所を決定するときのポイントは、安過ぎず高すぎない、適正価格でしっかりと証拠を掴んでくれる探偵事務所を選ぶことです。

でも、どう見極めたらいいのかわからないですよね・・

まず、悪徳事務所の実態について知ることからはじめましょう!

悪徳事務所の実態

どのような探偵事務所が悪徳なのか、以下に例を列挙します。

・あまりにも安い格安料金の広告
・虚偽の成功率などをのせた広告表示
・証拠の取得が条件ではない成功報酬の表示
・法律に違反するような調査方法

このような特徴がみうけられる探偵所は悪徳事務所の可能性が高いので気を付けましょう。

悪徳事務所に騙されたくない!

そんなあなたのために、優良な探偵事務所かどうか判断する方法を紹介します。

探偵事務所を決定する際に確認すべき点10選

・公安委員会に届出済かどうか
・営業方法が強引ではないか
・細かいところまで調査プランをたててくれるか
・見積りの内訳など、丁寧な説明があるか
・適正料金で調査を行っているか(安過ぎず高すぎない)
・調査におけるリスクの説明があるか
・調査実績の有無
・解約、途中キャンセルについて説明があるか
・成果地点はどこか
・契約書、重要事項説明、申込書を事前に公開してくれるか

以上の点を踏まえて探偵事務所選びを行うことをお勧めします!

こちらの、“おすすめ探偵事務所”で優良な探偵所を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

まとめ

・浮気調査の料金を決めるポイントは調査を行う人数と時間とその難易度
・浮気調査の費用をおさえる方法は見積もりを複数社からとること、優良事務所に依頼すること、情報量の3つ
・探偵事務所を決定する際のポイント10選

今回は、探偵所の選びかたと費用をやすく抑えるコツについて解説しました(^^)!

あなたの参考になれば幸いです♪