『浮気相手に夫をわたしたくない!』

『生活レベルを落としたくない』

『自分だけ幸せになるなんて許せない!』

『子どもにさみしい思いをさせたくない』

このように、夫に浮気されたけど離婚はしたくないという理由はさまざまだと思います。

浮気が発覚しただけでもショックは大きいですよね・・。

さらに離婚の請求まで請求されたらパニックになってしまうとおもいます。

はたして、夫から離婚を請求されたら受け入れるしかないのでしょうか?

今回は、夫と離婚をしたくない場合にやってはいけないこととすべきことについて解説していきます(゜_゜>)

離婚請求は拒否できる?

自分に否がない場合の一方的な離婚請求は、拒否することが可能です。

また、不倫した側は相手に離婚の請求はできません。

なぜかというと、不倫によって夫婦関係を破たんさせた場合、有責者となり最高裁から離婚が認められなくなるためです。

実際、勝手に浮気しておいて離婚もしたいと主張するなんて自分勝手すぎますよね。

なので、そんなことが認められるわけがないのです。

ただ、不倫によって夫婦関係を破たんさせたという主張を通すためには、不倫の証拠を手元に用意しておく必要があります。

不倫の証拠については、“不倫の証拠のつかみ方”に詳しく解説していますので参考にしてみてください♪

離婚を認めなければいけないケース

一方的な離婚の請求は応じなくていいと説明しましたが、下記に該当する場合は認めなければいけません。

こちらは、民法第770条で定められている離婚原因です。

(裁判上の離婚)
第770条1.夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

つまり、配偶者以外の異性と性的関係をもったときや、悪意をもって同居しないもしくは生活費をわたさない等の行為をしていた場合は離婚の拒否はできなくなるということですね。

また、DVやセックスレス、別居などで夫婦関係が破たんしていた場合も当てはまることがあります。

逆に、この項目に当てはまっていなければ、離婚を受け入れる必要はありません。

なので、離婚をしたくない場合は上記の離婚原因に当てはまらないように、してはいけないことがあります。

してはいけないこと

夫があなたと離婚したいという場合、離婚してもらうためにさまざまな提案や行動で離婚の理由を作ろうとするでしょう。

しかし、決して乗ってはいけません。

それでは夫の思うつぼです!

では、具体的に説明していきます。

離婚届の記入

おそらく、まずは離婚届に記入を求めてくるでしょう。

実は、離婚したくはないのにしつこく迫られ記入してしまったという方は少なくありません。

なので、離婚したくないのであればどれだけ求められても記入だけはしないようにしましょう。

もし、あなた以外が記入し提出するようなことがあれば、それは犯罪行為なので認められることはありません。

別居

夫に別居を求められても、受け入れてはいけません。

もし、別居をしてしまうと離婚の可能性があがってしまいます。

なぜかというと、別居は夫婦関係が破たんしていたと判断されてしまう可能性があり、婚姻関係の継続が困難として離婚が認められることがあるためです。

『やり直すためにも別居して距離をおこう』

なんてセリフも、本当は離婚せざるを得ない状況にすることが目的で別居の提案をしているということは多いです。

なので何も知らずに受け入れてしまうと、別居しはじめたある日、離婚調停の申込書がとどいたなんてことになりかねません。

離婚準備のために別居をしたがることもあるということを覚えておきましょう!

暴力や暴言

夫の浮気に対してや、しつこい離婚請求などには暴言を吐きたくなるほど頭にきてしまいますよね。

時には手を出してしまいたくなることだってあるでしょう。

しかし、決して暴力や暴言をはいてはいけません。

もしそういった行為をしてしまった場合、あなたに否がある状態で離婚を受け入れなければならない状況になってしまいます。

ただ、夫が不倫をしていたという確実な証拠があれば避けられることもありますが、裁判で使える不倫の証拠をつかむのはそう簡単なことではありません。

大事なのは、相手の挑発に乗らないことです。

もしかしたら、離婚の理由をつくるため、あなたが暴力をふるってしまうようにしむけられている可能性だってあります。

なので夫の口車にのせられることには注意しましょう(+_+)

すべきこと

ここまで、離婚したくない場合にしてはいけないことについて説明してきました。

続いては、離婚したくない場合にすべきことについて解説していきたいと思います(゜_゜>)

離婚はしないとはっきり意思表示をする

まず、何よりも大事なのは夫にしっかりと『離婚をする気はない』と意思表示をすることです。

別居などについても同様で、はっきりと断りましょう。

あなたの意思が固いことがわかれば、相手も考え直さざるを得ません。

もし、相手の離婚したいという意思が相当固いとしても、あなたが認めないことには離婚は成立しません。

なので、あなたが離婚しないという意思を曲げずにいれば問題はありません。

しかし、離婚しないだけでなく仲のいい夫婦関係を取り戻したいという場合、このままではダメですよね。

話し合う

夫婦関係を取り戻すためにも、ちゃんと二人で話し合う時間を設けましょう。

まず、夫の意見を聞くことが大事です。

なぜ離婚したいのか?自分のなにがいけなかったのか?など、夫の考えを話してもらいましょう。

ここで、問い詰めるようなことはしないように注意が必要です。

また、感情だけで離婚を求めている可能性もあるので、離婚するにあたって話し合わなければいけない内容や手続きについてどう考えているのかも質問してみるといいかもしれません。

例えば、財産分与や子どもがいれば養育費や親権など、離婚するとなればやることや決めるべきことが多く大変です。

もし、このようなことを夫が認識していなかった場合、話し合うことで冷静になり、離婚の意志は弱まるかもしれません。

一度、お互い冷静になって話し合い、離婚する以外の選択肢を導き出しましょう♪

しかし、なかには話し合いをしても、言いあいばかりでさらに仲が悪くなってしまうという場合もあるでしょう。

そういった場合、こんな選択肢もあります。

円満調停

円満調停とは、簡単に言えば夫婦関係を円満にするための話し合いをすることです。

つまり、離婚調停の真逆といってもいいでしょう。

ただ、夫が調停に応じてくれない場合は話し合いを進めることができないので協力は必要になります。

この円満調停の場合、調停委員を介して話し合いを進めることになるので、二人きりで話し合うより冷静になれることがメリットです。

また、この調停委員は専門知識をもったプロです。

調停委員との話し合いがきっかけで考えが変わったり、考え直すきっかけになることはすくなくありません。

こちらの円満調停とは?で詳しく説明していますので参考にしてみてください♪

妻としての魅力を上げる

最後に、自分自身の魅力を上げることも重要です。

離婚を求められたということは、少なからずあなたにも原因があったはずです。

その原因を改善しないことには、夫婦関係の回復はむずかしいどころか、離婚は免れないかもしれません・・

こちらの彼の本気を取り戻す方法も参考にしてみてください♪

まとめ

今回は、夫と離婚したくない場合にしてはいけないこととすべきことについて解説しました!

いかがでしたでしょうか?

あなたの参考になれば幸いです(*^_^*)