パートナーの浮気が原因で離婚!

その場合、夫婦で築き上げた財産は分ける必要が出てきます。

『そもそも、財産分与って?』

『慰謝料とは何が違うの?』

『財産分与の対象って?』

『財産分与の割合は?』

はじめて離婚するという場合、上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問を解消するために、浮気で離婚する場合の財産分与について解説していきます(゜_゜>)

財産分与とは

まず、財産分与とは簡潔に言うと『婚姻期間中に協力して得た財産を、離婚時に貢献度に応じて分割する』ことです。

これは、民法768条で定められており、たとえ名義が自分でなくても夫婦間の協力で得た財産であれば、離婚時に分与することを請求することができます。

ただし、財産分与をするためには『請求』が必要なので注意しましょう。

もし、財産分与の請求をしなかった場合、夫婦間で得た財産であっても、離婚後はその財産の名義人がすべて継承することになります。

例えば、車や預金帳など、婚姻期間中は二人で共有していたものであっても名義があなたでない場合、継承することはできません。

浮気されて財産ももっていかれるなんて許せませんよね。

なので、財産を分与してもらいたい場合はかならず請求し、細かいとことまでしっかりと決めたうえで離婚するようにしましょう!

逆に、あなたの名義がほとんどだという場合、浮気された側だとしても財産分与を請求される側になることもあります。

また、この財産分与と慰謝料を混同してしまっている方もいますが、財産分与と慰謝料は別物です。

財産分与と慰謝料ってちがうの?

財産分与とは、夫婦間で協力して得た財産を、離婚時に貢献度に応じて分割する事であると説明しました。

それに対し慰謝料とは、『浮気をされたことで受けた精神的な苦痛に対して慰謝するお金』のことです。

なので、基本的に財産分与とは別のものとして考えます。

また、財産分与の請求期限は離婚後2年以内です。

それに対し、浮気が原因の離婚による精神的苦痛に対しての慰謝料の時効は離婚後3年です。

こちらに“慰謝料請求の手順”についてくわしく説明していますので参考にしてみてください♪

財産分与の対象になるものって?

財産分与の対象となるものは、結婚後に二人で築いたものに限ります。

例えば、以下のものが財産分与の対象としてあてはまるでしょう。

  • 住宅
  • 自動車
  • 家具家電などの家財道具
  • 預貯金
  • 有価証券
  • 不動産
  • 生命保険や個人年金
  • 将来受け取る予定の退職金
  • 住宅ローンや自動車のローン
  • へそくり
  • 会員権など

上で説明したとおり、名義がどちらか一方であっても、共有名義であっても、共有財産の場合は財産分与の対象となります。

また、住宅ローンや車のローンなどといった負の財産も財産分与の対象となります。
 
これは、妻が専業主婦で、購入したのが夫の稼いだお金であっても共有財産としてみなされます。

なぜかというと、妻は家庭で家事育児を行い、夫は外で働いて稼ぐということで協力しながら夫婦生活を送ってきたと考えらえれるためです。

では逆に、財産分与の対象にならないものはなんでしょうか?

財産分与の対象にならない財産は?

上記で、夫婦で協力して得た財産が財産分与の対象と説明しました。

なので、財産分与の対象にならないものは『夫婦で協力して得たものではない財産』になります。

これを、特有財産と言います。

例えば、結婚前に貯めていた個人の貯金や、独身時代にかった不動産、ご両親から相続した遺産などがあてはまります。

また、財産の取得時期がわからないなど、共有財産なのか特有財産なのか判断が難しいものもありますよね。

そういった財産については、夫婦の共有財産であると推定されます。

なので、どちらか一方の特有財産であると証明できないものに関しては財産分与の対象になるでしょう。

財産分与の割合はどのくらい?

財産分与の割合についてですが、基本的には平等に半分ずつというケースが多いです。

浮気をした有責者なんだから、財産をわけなきゃいけないなんておかしい!

と思われる方もいるかもしれませんが、この財産分与に関しては、浮気をしたかどうかは考慮されません。

あくまで財産分与とは、『離婚するにあたってこれまで夫婦で築き上げてきた財産は平等にわけましょう』というものです。

そのため、浮気したことにたいして償いを求めるのであれば慰謝料として請求する必要があります。

また、財産分与の割合はケースごとに異なります。

例えば、夫(妻)が相当な努力や能力によってものすごい資産家だという場合、その能力や努力が考慮され、財産分与の割合は半分ずつでなくなる場合もあります。

財産分与の方法

財産分与の方法ですが、まずは夫婦間での協議からはじめるのが一般的です。

当事者が納得さえすれば、分与の額や方法も自由に決められるので時間や労力も少なく済むでしょう。

財産分与の具体的な例として、以下があります。

・対象財産を自分が所有する代わりに支払いも自分が負担する
・対象財産を売却して利益を分割する
・対象財産そのものを分与する

この方法以外にも、夫婦によってさまざまな方法が考えられるでしょう。

夫婦間で話し合いが成立しない場合は、離婚調停などで家庭裁判所を通して決めていくことになります。

その場合、より専門的な知識が必要になってくるので弁護士などを依頼することをおすすめします。

また、財産分与を決定した際は取り決め内容を記した書類を作成しておくのがポイントです。

さらに、公正証書であれば、支払いが滞った際などに給与の差し押さえが可能なので公正証書を作成しておく方が望ましいですね!

まとめ

今回は、浮気で離婚する場合の財産分与について解説しました!

いかがでしたでしょうか?

あなたの参考になれば幸いです(*^_^*)